ママ友から自分の友人へ。

子供が生まれ公園デビューを果たす頃から徐々にできだしたママ友。
幼稚園に通いだす頃からは子供の遊び友達を確保するためにもママ友の付き合いと言うのは必須となっていった。
付き合いといっても苦手な人とは上手に距離を置くようにすればいいのだし、孤独な子育て期間中に一緒に悩んだり笑ったりしながらのお付き合いは、楽しいことのほうが多かったと思う。
はじまりはママ友でも今では自分の学生時代からの友人と同じ位の付き合いになった人もいる。
でも子供が中学高校と進学して行くにつれ、やはり「違い」って出てくるんだなぁと言うのも正直な感想だ。
幼児期には元気に遊ばそうと言う考えで共感しあって、一緒に話し合うことが多かった親同士も、その後の教育となると皆それぞれのバックボーンもあって、当たり前だけど考え方が細分化していく。
それは良い悪いではなくて本当にそれぞれなのだから、親だってみんな違ってみんないい、のだろう。
これからは親としての考え方が合う友人ではなく、自分自身が共感しあえる友人を見つけていけるんだな思うと楽しみでもある。こちらへ